スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢色チェイサー

このブログは一年後見返して自省するために書いている
その自省の対象は、金遣いに関してである
無駄遣いは良くない
さあ、さっそく反省しよう

「機甲戦記ドラグナー」前期OPは一度修正が加えられている
その修正の原因は、ドラグナー1型が本編のデザインと違いすぎたことである
そのOP原画である大張正巳によって画かれたドラグナー1型、通称「バリグナー」
それを立体化した「魂SPEC DRAGONAR1 form "Opening Silhouette"」
一時期プレミア価格が付いていたけど、再販されたおかげで安くなっている
オークションで見かけて、つい買ってしまった

ガンダムでもそうだが、オリジナルである大河原邦男氏のデザインは全般的に野暮ったい
ザクやスコープドッグは、その野暮ったさがバッチリはまって完成されたデザインになっているが、直線的な機体では重要なポイントであるシャープさに欠ける
ただ、アレンジを加えられると一気にカッコよくなるのは、元のレベルが高いからだとは思う
このへんがパチモンとの違いなんだろう
マジンガーZとテコンVなんか良い例だろう

このドラグナーもアレンジされたことで格段にカッコ良くなった、その一つである
猛禽類を思わせる頭部と言い、全体が最高にバリってる
カッコいいなあ

dragounar.jpg
スポンサーサイト

ダーリン ダーリン ダーリン チュッチュッチュッ

名作「STEINS;GATE」のファンディスク「比翼恋理のだーりん」
本編とは違い、ヒロインたちとの恋愛ストーリーが展開される、岡部倫太郎へのご褒美シナリオ集である
本編を楽しめた、キャラに愛着のある人なら十分楽しめる内容だろう

せっかくなので台詞音声を全部聴いていたら、クリアに20時間以上かかった
ファンディスクなんてもっとサクッと終わるものと思っていただけに、予想を超えてきちんと作られていて嬉しい
気に入っている作品なだけに、番外編で評価を下げるようなことになって欲しくないからね

プレイしていてなんとなく思ったが、ヒロインたちに対して多少なりとも感情移入する―――この手のジャンルなら昨今で言うところの”萌える”とは、昔「水滸伝」を読んで「豹子頭 林冲 かっこええ」と胸ワクさせていたことと、どれほどの違いがあるのだろうか
やはり、創作された実体のない女性に少しでも恋愛感情的な好意を匂わす“萌え”は、種の存続という本能の部分で否定されるのだろうか
では、見ただけでは一切そうとわからないアンドロイドでは
さらに見た目だけでなく、感情すらも完全に交わすことができるようになったアンドロイドなら
見た目のほぼ変わらない、子供を残すことができる宇宙人であれば
それでも同じような本能的な否定が起こるのだろうか


そんな考えたところで、そのときが来るまで答えのわからない疑問はここまで
遊んでいたら環境面で問題発生
10時間ほどプレイしたところで我が家の360が完全に沈黙
仕方ないので土曜日に会社でプレイしたら、15時に始めてクリアできたのが24時
自宅でゆっくりプレイしたかった

360のゲームは、あと「Gears of war 3」だけが出来れば良いので、発売したらまた会社でプレイすれば問題ない
しかし、なんか悔しかったので、オークションでレッドリングが発生している本体を千円で落札して直してやった
欲しいソフトもないし、ほとんど稼動することもないだろうけど、諸々で2千円ちょいなら良いでしょう

もろいもろもろ

この季節、世間が寝静まったころにコンビニから出て感じる涼しくても湿気った外気が、皆で海に行ったときの記憶が甦させる
自転車を漕ぐ、帰り道はすこしセンチメンタル

精神が老いていく

生存戦略しましょうか

夏新番「輪るピングドラム」

なるほど、わからん
この言葉を、賛辞として呈する

ぶっ飛びすぎているようで、ぎりぎり捉えられるところに留めている
理解できないと引き放されず、引き付けられる

新房監督作品と呼ばれる物は、新房演出、新房色に染めることを意味すると考えているが、今作は幾原監督そのものであると感じる
どっちも良い
でも、圧倒されたのは今作である

僕にその手を汚せというのか

PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」やっとクリア
小気味良い戦闘、レベルアップで強くなったことが実感できるバランス
攻城戦では、「守るに易く攻めるに難し」という言葉の意味がよくわかった
スーファミ版からの熱烈なファンがいるのも肯ける

不満点をあげると、魔法を購入するさい、誰が習得しているかわからないなどインターフェイス面で不便な部分があったことだろうか

大変なレベル上げも、AIで勝手に戦わせておけば良いことに気づいたら、一気に楽になった
AIは蘇生してくれないので、戦闘不能にだけは気をつけないといけない

変化と進化

6年前ぐらい、ヘルメットにスピーカー代わりのクリップハンガータイプのヘッドホンを取り付けた
そのときは、コード長が60cmぐらいのものしか見つからなかったので、長くて邪魔だと思いつつずっと延長コードを使ってきた
あの頃はMDプレイヤからMP3プレイヤへの過渡期であったように思う
まだコードにリモコンが付いているタイプが主流だった

今日、何気なくイヤホン売り場を覗いてみたら、1m前後が主流になっていた
使い方にあわせて最適化されていく
プロフィール

Hi-ROM

Author:Hi-ROM
http://hiroringworx.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。