スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬季バイク運転時の装備に関する再試験

寒さが足りない
参考にならないわけではないが、この結果を確定とするには条件が悪すぎる
しかし、これからさらに暖かくなっていきそうだし、仕方ないので防寒装備性能実験を行うとするか
空は快晴、気温は上々、バイクを走らせるには良い日だ

阪神高速を3周して、神戸線へ
握っただけで効果がハッキリわかるグリップに巻いたテープだが、指先が冷たくならないのはそれによるものか、気温によるものかがわからない
一つ言えるのは、バイク最高

レザーパンツ、ナイロンオーバーパンツ、コットンチャップスの組み合わせ
ナイロンが薄すぎるからか、まだ少し股間がスースーしているが、オーバーパンツ抜きのタイツより和らいではいる
これならタイツを履けば、寒い日も大丈夫だろう
やはり一つ言えるのは、バイク最高

再度確認のためにシングルライダースの代わりにD-1ジャケットを羽織ってみる
これの下に半袖Tシャツ、タートルネック、ライトダウンジャケットの組み合わせ
さすが氷点下での整備作業を考えているだけあって防寒性能は抜群
冷風に晒されて走っているにも関わらず、体がぽかぽかと暖かい
しかし、D-1ジャケットは動きやすくするため身頃に余裕があるためか、100キロ近くで走ると風を孕んでしまい体を後方に持っていかれそうになる
防寒性能は最高だが、これは使えない
残念だが一つ言えるのは、バイク最高

スポンサーサイト

冬季バイク運転時の手装備に関する試行と考察

まずはこの画像をご覧いただきたい

handle_guard.jpg


おわかりいただけただろうか
そう、バイクのグリップ付近に装着して、冷風から手を守るナックルガードである
このナックルガード、100均の氷スコップにコーナンのステー、計700円ぐらいと大変チープな物ではあるが、ネットではなかなかの評判
その効果のほどを確かめるため、朝の高速道路を突っ走る

寒い―――寒すぎる
ツーリングの待ち合わせ場所のSAまでの30分ほどだったが、指先が凍傷になりそうだ
まったく効果がない
意味がないのなら、グリップの端に付いているフロントウィンカーが隠れて見えなくて危険なだけなので、さっさと外してサイドバッグの中へしまう
目的地では1000円一袋に詰め放題の牡蠣をサイドバッグに押し込むため捨ててしまった

しかしこんなに冷えるものだろうか
去年も同じような気温のときに通勤用セカンドバイクに乗っていたが、ここまでではなかったような
―――そんなことを考えていた帰り道の休憩中、一緒にツーリングへ行った人がグリップを触って発した「冷たっ!」の一言に、私は気づいた
なぜこんな簡単なことに気づかなかったのだろうか
アルミ削りだしのビレットグリップ、気温と冷風で常にキンキンに冷やされている
水気こそないが、氷の棒を握っているようなもんだ
そりゃ冷たいに決まっている

どうしたもんかと考えて、思いついたのがこれ

grip_tape.jpg


テニスラケットのグリップに巻くグリップテープ
伸縮性があるので巻きやすく、グリップを握ってみれば違いがすぐにわかる
冷たさがかなり和らいでいる
ついでにレバーにも巻いてしまって、これはかなり良いかもしれない

冬季バイク運転時の下半身装備に関する試行と考察

結論:おとなしくオーバーパンツを買っておけ

ついにチャップスの効果を試すときがやってきた
ヒートテックのタイツ、ジーンズのような革パンツである「カントリージーンズ」、そして「CW-CHAPS」の装備で、
7時半から18時、気温1℃-7℃、ちらちらと雪が舞うこともある状況下で高速道路を100キロ巡航した
寒さで脚が震えることもなく、上半身が強張らず、顎がガチガチと鳴ることもなかった
期待通りの効果と言える
しかし、やはりお股の寒さが気になる

ベルトを通せるオーバーパンツもあるし、チャップスを売って買いなおすか
そう思案していると良いことを思いついた
タイツは履かずに、革パンの上から使っていないナイロンパンツを履けば良いのではないか
チャップスを履くので、ナイロンパンツの丈や耐熱性は考慮する必要がない
これはオーバースペックになるかもしれない最強の布陣だろう

なんだかまどろっこしい事をしている気もするが、買ってしまった以上は何とか足掻きたいし、それが愉しい
早く試したいなあ

冬季バイク運転時の上半身装備に関する試行と考察

革ジャンは防寒着にならない・・・
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

この極寒の時期に革のライダースジャケットで歩いている人を見ると、頑張っているなと思っていた
しかし、この認識は間違いであった
VANSONのシングルライダースをもっと体に馴染ませなければと着てみたら、これが意外に暖かい
いや、暖かいというより風を通さないので寒くないと言ったほうが正しいのか
自転車ぐらいなら、下は薄着でも過ごせる

この結果を踏まえて、今回のツーリングでは今までより薄着にしてみた
ヒートテックの長袖にTシャツを重ね、mont-bellのライトダウンジャケットにライニングを取り付けた革ジャン
今まではTシャツが薄手のタートルネックセーターだったのだが、肘が曲がりにくく動きにくかったので楽に動ける組み合わせにしてみたのだ
しかし、高速を100キロで走ると、この装備では胸のあたりに少し冷気を感じることがあった
やはり空気の層をつくるセーターのような物が必要なようだ
次はTシャツ、タートルネックセーター、ライトダウンジャケット、革ジャンの組み合わせで多少は動きやすくして寒さに挑んでいく所存である

この世には不思議なことなど何もないのだよ

何か面白そうなものは―――古本屋の書棚の前、目線を左から右へ背表紙を追いかける
興味を惹かれるのは、見覚えや聞き覚えのある題名もしくはキーワードが含まれているものになるのは手堅さを求めるからであろうか
そして目に留まったのが「魍魎の匣」
たしかアニメでやっていた気がする
京極夏彦―――一度読んでみるか
まずはシリーズの第一作目、「姑獲鳥の夏」を手に取ったのが始まりだった

外は雪が降り、どうにも何かをする気がおきないので、途中になっている「塗仏の宴 宴の始末(中)」を開いてみる
小一時間ほど、この巻を読み終えるだけにしておくつもりだったが、全6冊に亘る物語のクライマックス、解決直前で止められるはずがない
結局、下巻も一気に読み終えてしまった

このシリーズは、「京極堂」という屋号をもつ古書肆の主人であり、拝み屋でもある中禅寺秋彦が事件を解決に導いていく
その解決方法は「憑物落とし」と呼ばれており、その過程が非常におもしろい
謎が解明されていくこともあるが、言葉を持って事件に関わった人達が抱えている負の感情を祓っていく、このさいの巧みな話術こそが京極堂の真骨頂である
安楽椅子探偵である京極堂が動き出した時こそが解決の時であり、このときのワクワク感がたまらない
途中で止められなくなるのは仕方のないことである

巧みな話術を扱うには、当然ながら表現できる以上のことは書けないので、作者には多くの読者を納得させるだけのインテリジェンスが必要とされる
もちろん高評価を得ているのはそれだけでなく、複数の事象が一つに帰結していく構成力、読ませる文章力、深い知識量、なにより強く感じるのが高い教養力
一文に肉付けされて二文、三文にもなるのが文章の特徴なので、どうしても文章量が多くなり長くなるのだが、それでも読ませてしまう
どうやったらこんな面白いものが書けるのだろうか

私感だが、このシリーズは2つに分けられる
心霊的なものと、怪物的なもの
少しでも興味が湧いたのならぜひ、心霊的な「姑獲鳥の夏」を読んでみることをお勧めする
それから怪物的な「魍魎の匣」
この二つを読めば、昨今のオカルト物がこのシリーズ―――京極夏彦に多大な影響を受けているのがわかるはず
ちなみに私は心霊的なものが好きである


このシリーズ―――「百鬼夜行」シリーズの合間に読んだ作品なのでついでに他作品に関して
インド帰りに入院したさい、アニメの「化物語」が面白かったのでその原作者のデビュー作「クビキリサイクル」を読んでみた
本を床に叩き付けそうになった

戯言シリーズなんて言うから、京極堂のように言葉を巧みに操って舌戦するんだと勝手に期待していたら、単なるミステリーだし、そのミステリーもしょぼすぎる
語彙が多いなんて評価されているが、類似語辞典を調べて並べている程度のものでしかなく、教養、知性は感じられなかった
暇だから最後まで読めたが、なぜこれが人気なのかわからない
もしかしたら「化物語」はレベルが上がっているのかもしれないが

終焉を喰らう者

MHP3、挑戦すること5、6回、ついに「終焉を喰らう者」をクリア
一日一回挑戦を続け、私は真のモンスターハンターの称号を得るに至る
風呂上りに脇汗じっとりのあの激闘の日々が脳裏に甦る
終われる、これでやっと終われる

装備は、王牙弓【稚雷】にエスカドラ一式、スキルに溜め短縮、気力回復を追加
回避距離があるので、貫通弓のクリティカル距離から攻撃していればイビルジョーの攻撃範囲から離脱しやすい
ティガの突進も回避距離なら衝突矩形外まで移動できるので、回避性能よりもおすすめ
ティガとナルガは、怒り状態ティガにナルガでも事故りやすいのに、ティガの怒り咆哮でナルガまで怒り状態になったら洒落にならない
ネットで調べるとティガから倒している人が多いが、ナルガから倒すのがベスト
このさいティガを警戒しつつも、ナルガの動きが止まったらガシガシ攻撃していくのが重要
ググれば参考になる動画が出てくる
ナルガを倒すころにはティガは疲労状態で動作が緩慢になっているので、怒り状態の時だけ気をつければ倒すのは余裕だろう
これでイビルジョー25分針ぐらいで、残り10分表示が出たあたりでナルガ、残り4分30秒を残してティガの討伐完了

ちなみに、いにしえの秘薬の調合素材なら10個分持っていけるのでいざというとき助かる

嬉しさの余り、ついこんなことを書いてしまった
よし、グランツーリスモ再開するか

風のノー・リプライ

美しいという形容詞が当て嵌まるロボットをデザインさせたらこの人しかいないと言えば、永野護
なぜこれがカッコいいと感じるんだ?
そう思わせる、ダサいとカッコいいの境界線ギリギリのデザインができるのだから天才なんだろう
氏と同系統デザインの似たようなロボットも多々あるが、遥かに及ばずというのが感想である
「ファイブスター物語」を読めばわかる

「ロボット魂 エルガイムMk-II」
氏がメインデザイナーとして係わり、後に「ファイブスター物語」に繋がっていく富野由悠季が監督した「重戦機エルガイム」、その後半の主役機
トーテムポールのような頭に、骸骨のようなスタイル
なぜこれがこんなにカッコいいんだ

l-gaim.jpg


なぜこんなにカッコいいんだ
はやく「ファイブスター物語」の続き描けっ!!
プロフィール

Hi-ROM

Author:Hi-ROM
http://hiroringworx.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。