スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコいい名前をつけても、それは単なる故障だ

円周上に等間隔に並ぶ4つのLED
L字状の3つが赤く輝く
Red Ring Of Death
それはXbox360の故障の証し

去年の11月ごろに故障して、無償修理期間が過ぎていたので分解して自力で直したXbox360がまた壊れてしまった。
仕方ないのでもう一度分解して修理
修理といっても、CPUとGPUにグリスを塗り直したあと、ファンを回さずに3分ほど稼動させるだけ
しかしRRoDは出なくなったが10 分ほどで止まってしまう
ファンを回さないことでクラックした半田を溶かしているそうだが、時間が足りなかったか

そこでもう一つの修理法、本体にバスタオルを巻いて電源ONして一時間放置
これで、まだまだ不安定だが止まらなくなった

PS3があるが、「Gears Of War3」などまだプレイしたい専用タイトルがあるので、騙し騙しの運用になるが良かった良かった

スポンサーサイト

パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

どうしたものかと頭を捻っていたら、捻り出てきた近年稀に見るクソの量

スタイルまでを考慮するとこれしかない
決まってしまえば居てもたっても居られない
親戚に借りた原付を走らせること一時間、東大阪にあるKADOYAに到着
そして購入したるは表地はコットンキャンバス、裏地はボアを配したチャップス「CW-CHAPS」
お色はアーミーグリーン

防寒性能だけならオーバーパンツが最強なのは間違いないが、シングルライダースには合わない
革のチャップスは防寒性能がしれているし、気に入らない
メカ少女みたく脚にブースターが装着されたようなスタイル、厚みのあるボアの裏地による防寒性能、気に入った
多少動きにくいが、これは仕方ない

さっそくチャップスを着用した帰り道、狙い通り脚部は暖かい
しかし、脚が暖かくなると、今度は今まで気にならなかったお股が寒い
脚の寒さに比べたら、はるかにマシなので問題ないだろうけど、実際高速道路を走ってみないことには結論はだせないか
でもきっと、今までは11月末には脚の寒さから上半身がガチガチに強張って辛かったが、これからは快適に走れるに違いない

家で着方を試行錯誤していたら、もう1サイズ小さくても良かったかなと思ってしまったら気になって仕方がない
どうにもスッキリしないので、翌日、またカドヤに行って1サイズ小さい物を試着してみる
良かった、サイドのジッパーが締まらない、買いなおさずに済んだ

このチャップスは腰のベルト部が3分割されるので、左右のブリッジになっている部分を外してズボンのベルトと一体化させると良い感じだね

それが人の性か

「カスタムしたい」と心の中でおもったならッ!その時スデに結果は決まっているんだッ!

新しいメーターが届いたので、交換修理するためにTRIJYAへ
くそ寒いけどバイクはやっぱり楽しい
タイツの2枚履きに革パンなら、大阪の冬程度は耐えられそうだ

TRIJYAでは、メーターの修理に関してもう話すこともないので、そうそうにキャリアの相談
バイク本体への加工はもちろん、塗装に傷が付くような装着もせずに既存のボルト穴などを用いて、二人乗りはしないがある程度の強度を確保するのが前提
できれば、「付けっぱなしでもいいや」と思えるデザイン
侃々諤々、ヘルメットとバールで殴り合いをしながら、どうにか良い感じのアイデアが出てきた
あとは材料費などを調べて大体の値段を出してもらってGOサインを出すか決めるのだが、答えはすでに決まっているんじゃないか

いろいろ荷物を積む方法を考えたのだが、「うわああああああああっ」って大惨事になって後悔するのは避けたい
フルカスタムをすると決まったとき、自分では手を入れない
そういうバイクにしたんだから、これが正しい
お金なんて持っているだけじゃ腐っていくもんなんだ
最低限あれば良いんだ、今を楽しめ
どん詰まったときには死ぬだけだ

続きを読む

とあるツイート

しゃべるのがあんま得意ではない人って、独自の思考回路を進化させまくっている人が多い
自分の思考に最適化された構造をしているから、物を憶えるのが凄い得意だったり、一人の作業が凄く早かったり質が高かったりする
つまり「自分語」で脳が動いてるので、それを公用語に翻訳するのに時間がかかる
独自の思考回路を進化させてきた人にとって重要なのは「コミュニケーション能力」というよりも、その回路の独自性を更に磨き上げていきながら、そこから生産されるものをどう「言葉」に変換するか、あるいは言葉以外の何かに変換するか、ってところなんだとおもう
つまりプロトコルをどうするか
「自分の頭に浮かんでる絵や概念を見て話す」ことが多い人と、「思いついたことを脊髄反射で口に出す」ことが多い人がいる
前者は、常に自分の「言っていること」と「言いたいこと」のズレに違和感を感じながら話す
後者は別にそういう比較をしていないからそういう違和感はあんまり無い

そうそう

エル・プサイ・コングルゥ

これが“運命石の扉”の選択か・・・

アニメ版「Steins;Gate(シュタインズゲート)」のPVが公開されている
キャラデザのhuke氏が独特な塗りだが良い感じで、期待できそうだ
となると、あとは脚本がどうなるかだ
今までプレイしたヴィジュアル・ノベルのゲームではぶっちぎりで面白かった作品だけに、中途半端になってしまうと惜しい
タイムトラベルが題材になっているだけに、それ系の専門用語が出てくるのでどう説明していくのかもある
アニメでどこまでやるか知らないが、アニメから興味をもってネタバレ状態でゲームをするのはやはり勿体ない
ヲタク的素養がない人も手をとることがないだろうし勿体ない

ゲームとしては空想科学アドベンチャーシリーズ第3弾、ロボットを題材とした次回作の開発が発表されて楽しみだが、「シュタインズゲート」並までいくかは難しい気がする
まだプレイしていないが前作、シリーズ第1弾にあたる「CHAOS;HEAD(カオスヘッド)」は面白いが、「シュタインズゲート」ほどではないみたいだし、奇跡の一作だと思う

インド旅行1週間前にプレイし始めて、最初は旅行から帰ってきてから続きを再開すればいいと考えていたのに、途中のままインドに行っては絶対気になると一気に終えた作品
できることなら記憶を消し去ってもう一度プレイしたい

ちなみに2番目は「EVER17」
途中だれるが、最後の伏線回収は圧倒的だった

正当なる預言者の王

今日は用事もなく、天気も荒れていたのでお家に篭って、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(上)(中)(下)を読破
さすが富野御大、なかなか面白かった
感覚的な独特の台詞回しがステキ
富野御大が映像化しないと公言しているし、クスィーガンダム、ペーネロペーともその前提でデザインされたようで線が多くて描くのは大変だろう
それでもアニメで見たい

「機動戦士ガンダムOO」の劇場版はダメだった
ストーリーはどうこう言うつもりはないが、肝心の戦闘シーンがお話にならない
よく動いていたが、ただ動かせばいいってもんじゃない
溜めや見得、静と動を考えろと
「逆襲のシャア」やマクロスを見習えと
水島精二はロボット物はやるべきじゃないな、「鋼の錬金術師」のストーリー物だけをやるべきだな

「劇場版マクロシF ~イツワリノウタヒメ~」はストーリーはダメだが、戦闘シーンは流石だった
さらにスクリーンで見るオープニングのコンサートシーンは圧巻だった
2月の続編が楽しみだ

エヴァは文句なしだった
プロフィール

Hi-ROM

Author:Hi-ROM
http://hiroringworx.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。